Concierge(コンシェルジュ)は副業詐欺?特商法に不審な点|悪質案件確定か!徹底検証?

副業系Concierge,Concierge運営事務局,Day on Cash,オプトインアフィリエイト,コンシェルジュ,副業サロン,副業詐欺,在宅ワーク,悪質案件,無料メルマガ配信副業系,Concierge運営事務局,Day on Cash,オプトインアフィリエイト,コンシェルジュ,副業サロン,副業詐欺,在宅ワーク,悪質案件,無料メルマガ配信

Concierge(コンシェルジュ)は副業詐欺?特商法に不審な点|悪質案件確定か!徹底検証

こんにちわ、相原と申します。

 

今回はConcierge(コンシェルジュ)という副業案件を調査しました!

 

徹底的に調査、検証しましたが

 

結論:Concierge(コンシェルジュ)はおススメできません!!!

 

私、相原が実際に登録して調査を行っているので

この記事最後までご覧いただき判断材料にして頂けると幸いです。

 

これまで様々な副業を経験してきた私、相原が

優良案件」と判断した副業案件やビジネスのノウハウを

LINEにてご紹介させていただきます。

 

お気軽にご連絡ください。

友だち追加

 

 

Concierge(コンシェルジュ)の内容とは?

 

早速Concierge(コンシェルジュ)のLP内容を確認していきましょう。

 

Concierge(コンシェルジュ)とは在宅で月収50万円が稼げるといった副業案件のようですね!!

 

今だけ無料で超爆アゲ収入スキームをプレゼントとのことです。

 

また特徴として

 

  • 経験、時間、スキル一切不要
  • スマホがあればOK
  • 即日入金

 

との内容になっています。

 

今だけプレゼントが無料で貰えるからすぐに登録しなければならないと言いたいのでしょうか?

 

無料ならとりあえず登録してみよ!って思ってしまいがちですがちょっとお待ちください!!!

 

その安易な考えは大変危険です!!!

 

ランディングページには詳細な情報の記載がなく実績も不明です。

 

ビジネスモデルが不明瞭なまま登録しなければならないので信用できません。

 

Concierge(コンシェルジュ)が本当に安心して始められる副業なのか

私が皆さんに変わって実際に登録をして検証していきます。

 

Concierge(コンシェルジュ)へ実際に登録して検証

 

LP内から実際に登録していきます。

 

メールアドレスを登録するとLINE登録へと誘導されました。

line

登録後挨拶文とあわせて複数の副業情報が送られてきました。

 

悪質なオプトインアフィリエイトの可能性が高い

 

登録後Concierge(コンシェルジュ)から紹介される副業情報を調べてみたのですが悪質な案件ばかりを紹介されます。

 

Concierge(コンシェルジュ)の運営者は紹介報酬目的であると思われます。

 

LINEやメールアドレスなどを通して登録させ紹介報酬を貰う行為です。

 

運営側は報酬がもらえるため得をしますが、登録をした側にメリットはなく個人情報を悪用される可能性や金銭トラブルになる可能性なども十分に考えられます。

 

以上のことからConcierge(コンシェルジュ)は悪質なオプトインアフィリエイトの可能性が高いので注意してください。

 

Concierge(コンシェルジュ)の口コミ・評判

 

ではConcierge(コンシェルジュ)の口コミ評判を見ていきましょう。

 

まずはLP内に満足度89%との記載がありましたね。

user

200名以上が参加していて89%の満足度とはすごいですよね!!

 

ですが実際のとこはどうなのか気になりますよね?

 

Concierge(コンシェルジュ)と検索すると

「詐欺」「悪質」「稼げない」など注意喚起を行っているサイトが多数発見されました。

 

実際に「稼げた」との情報は見つかりませんでした。

 

このことからConcierge(コンシェルジュ)のランディングページ内容は誇大広告の可能性が高いので注意してください。

 

Concierge(コンシェルジュ)の特商法を調査

 

特定商取引法は、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。

 

Concierge(コンシェルジュ)のような副業案件を見つけた際に「優良案件」か「悪質案件」なのか見極めるのに重要なポイントです。

 

また特商法表記を事前に確認することによって想定外のトラブルを回避することが可能です。

 

ちなみに特定商取引法の違反行為は、業務改善の指示・業務停止命令・業務禁止命令の行政処分など、

罰則の対象となりますので虚偽もしくは不正確な情報は許されません。

 

Concierge(コンシェルジュ)の特商法は?

特商法

代表者名、所在地、電話番号の記載など重要な記載が全く記載されていませんね。

 

特商法表記としては不十分な内容です。

 

何かトラブルが起きたとしても保証はしてくれず連絡もとれないまま所在地も不明なため飛ばれる可能性があり全て自己責任となると考えられます。

 

このことから、Concierge(コンシェルジュ)を安易に信用するのは危険ですので注意してください。!!!

 

結論:Concierge(コンシェルジュ)への登録は危険

 

Concierge(コンシェルジュ)の検証内容をまとめると

 

  • 詳細、実績不明なまま登録しなければならない 
  • 特商法表記が不十分である 
  • 誇大広告の可能性が高い

 

以上のことからConcierge(コンシェルジュ)への登録は注意してください。

 

私はおすすめできません!!!