沖縄の世界遺産 首里城へ

沖縄の世界遺産 首里城へ - 沖縄おすすめ特集


沖縄の世界遺産 首里城へ


Q. 駐車場はあるの?

Q. 首里城への道は渋滞するの?

Q. モノレールで行けるの?

Q. ご飯を食べるところはあるの?

Q. 首里城観光の所要時間は?

※クリックすると答えが出ます


 沖縄の観光スポットといえば、何といっても首里城。2000年に、世界遺産に登録されたことで、注目度もアップ。沖縄旅行で、誰もが一度は訪れてみたい場所だろう。中国の影響を色濃く残す建造物をはじめ、貴重な収蔵品の数々は、琉球王朝時代の王族の生活を今に知らせる大切な資料だ。
沖縄の世界遺産 首里城へ

 首里城は、単に文化遺産としてだけでなく、市民の憩いの場としても利用されている。緑に包まれた龍潭(りゅうたん)や、円鑑池(えんかんち)は、暑い夏には絶好の休憩スポット。そのほか、城門右手にある西(いり)のアザナからは、那覇市内や東シナ海を一望でき、小高い丘に位置する首里城ならではの絶景も楽しめる。

沖縄の世界遺産 首里城へ

門前で写真撮影したいなら、人の少ない午前中の早い時間に訪れるのがベスト

沖縄の世界遺産 首里城へ

守礼門を抜けてすぐ。石門の手前には、世界遺産登録を証明する石板も


守礼門の前では、「琉装(紅型の着物)を着て、記念写真を撮る」という体験ができます。ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、後で写真を見てみるとかなり楽しめるのでオススメ! 旅の記念にぜひどうぞ!

沖縄の世界遺産 首里城へ

 緩やかな坂道を登っていくと、まず最初に見えてくるのが守礼門。「守礼(しゅれい)」とは、「礼節を重んじる」という意味で、門扉の上には「守禮之邦(しゅれいのくに)」と書かれている。門は、中国の牌桜(ばいろう)という様式で造られ、首里城の数ある門のなかでも秀逸のデザイン。1527〜55年の第二尚氏時代に建立されたものが、かの沖縄戦で焼失し、1958年に復元され今に至る。その後、沖縄を代表する文化遺産として有名になり、二千円札紙幣の絵柄にもなった。

沖縄の世界遺産 首里城へ

 門をくぐると左手に見えるのが、首里城跡とともに2000年に世界遺産に登録された、園比屋武御嶽石門。国王が外出する際に安全祈願をした場所で、国指定の重要文化財。目立たないので素通りしてしまう人も多いが、歴とした国宝なので、しっかり見ておこう。
沖縄の世界遺産 首里城へ

 守礼門を過ぎると、美しい城郭と歓会門が見えてくる。琉球王朝時代、首里城には中国皇帝の使い「冊封使(さっぽうし)」が招かれたが、この門には、一行を歓迎するという意味があったという。ほかの建造物同様、沖縄戦で焼失したが、1974年に復元。琉球石灰岩でできたアーチ状の門上に、木造のやぐらをのせたスタイルは、中国文化の影響を強く受けた沖縄ならではの建築様式。城壁の地面近くを観察すると、石積みの色の違いから、戦前の石を利用していることがわかる。

沖縄の世界遺産 首里城へ

 チケット売場に向かう途中にあるのが漏刻門。「漏刻」とは、中国の言葉で「水時計」という意味。歓会門同様のやぐらの中に水槽が置かれ、そこから水が漏れ落ちる分量で時間を計ったといわれている。ここで時刻を計った後、城内各所で時報の大鐘が打ち鳴らされた。
沖縄の世界遺産 首里城へ

石積みの城壁に、ポッカリと口を開けた門。青空と城壁のコントラストは見事だ


1月27日〜2月25日までの間、門の前には、冊封使をイメージした大きなフラワーモニュメントが登場します。シーサーの形をしたものとかもあって、家族連れで遊びに行くにはこの時期がオススメですよ〜!

沖縄の世界遺産 首里城へ

門の後ろには、日影台(にちえいだい)という日時計も設置されている

沖縄の世界遺産 首里城へ

外見は2層で実際は3階建ての2層3階様式は、琉球独特の建築様式でもある

沖縄の世界遺産 首里城へ

広々とした御庭。現在でも、さまざまなイベントがこの場で行われている


僕は、首里城観光でオススメのお土産を紹介します。それは、正殿の次に行く北殿で買える、新垣カミ菓子店の「ちんすこう」です。元祖ちんすこうといえば、やはりこれでしょう。さっぱりとした味は通好みです。

沖縄の世界遺産 首里城へ

 チケット購入後は、いよいよ首里城正殿へ。門をくぐると、そこには御庭(うなー)が広がっている。ここは当時、さまざまな儀式が行われた場所で、紅白に色分けされた地面は、儀式に参列した人々の地位を現す「目印」のような役割を果たしたといわれている。また、正殿に続く中央の赤い道は「浮道(うきみち)」と呼ばれ、国王や冊封使など、限られた人のみが通ることを許された。

沖縄の世界遺産 首里城へ

 正殿は木造の3階建てで、14世紀末頃の建立というのが有力な説。数度の焼失、再建を繰り返した後、現在の建物が復元されたのは1992年。1階は「下庫理(しちゃぐい)」と呼ばれる国王による執政・儀式の場。2階は「大庫理(うふぐい)」と呼ばれ、国王、親族、女官などが儀式を行う場だった。数々の収蔵品とともに、日本と中国の様式を取り入れた、琉球独特の建築様式にも注目したい。
沖縄の世界遺産 首里城へ

 首里城内をひと回りしたら、公園内に点在する文化遺産に足をのばそう。かつて首里城周辺には、寺院や王族の屋敷が数多くあり、付近にはうっそうとした森があった。その中でも中心的な存在だったのが、城の北側に位置する円覚寺だ。1933年には国宝にも指定されたが、沖縄戦により建物のすべて(橋以外)が破壊され、一部復元されたのが1968年。現在、総門、石垣、右脇門、放生池(ほうじょうち)を見ることができる。あまり知られていないが、池に架かる橋は昔のままで、国指定重要文化財。

沖縄の世界遺産 首里城へ

 その円覚寺と道をはさんで向かい側にある池が、円鑑池(えんかんち)。橋を渡った小島には、航海の神様を祀った弁財天堂と呼ばれるお堂がある。池は、首里城や円覚寺への降水がすべて集まる仕組みの人工池で、ここからまたとなりの龍潭へと流れている。
沖縄の世界遺産 首里城へ

現在は立ち入り禁止だが、眺めるだけでも心癒される。奥に見えるのは首里城


城内は人でいっぱい。ちょっと疲れちゃった。そんな時に、ここを訪れてみてください。木々や静かな池が、心を和ませてくれます。周囲には、防空壕跡などもあり、沖縄戦を知る上でも貴重な場所だと思います。

沖縄の世界遺産 首里城へ

池の水面をのぞけば、魚やカメの姿も。子供連れにも楽しいスポットだ

沖縄の世界遺産 首里城へ

池越しに眺める首里城には、往時を思わせる風格が。林の中を散策してみよう

沖縄の世界遺産 首里城へ

首里城観光の隠れた名所。晴れ渡った空の彼方に、慶良間諸島が見える


ファミリー観光の人には、龍潭がオススメですね。池には魚やカメがいて、見ていて飽きません。アヒルもたくさんいますよ。カップルには西のアザナがオススメ。夕暮れ時にはロマンチックな夕景を満喫できます!

沖縄の世界遺産 首里城へ

 王朝時代から現在まで、周辺に住む人々の憩いの場として親しまれてきた龍潭。1427年に造られた人工の池で、文献によれば中国の造園技術を学び造られたといわれている。毎年、初夏に行われる漁師たちの祭り「ハーリー」の原形である冊封使歓待のための舟遊びが、かつて行われていたのもここ。周囲には、沖縄戦時に作られた防空壕の跡も数多く見られる。

沖縄の世界遺産 首里城へ

 首里城観光の締めくくりに訪れたいのがここ。城の西側にある物見台で、ここからの景色は首里城でもっとも素晴らしいといっても過言ではない。那覇市街をはじめ、港やその向こうには遠くケラマ諸島が眺められる。当時、漏刻門で時刻を計った後、ここから鐘を打ち鳴らすことで城内外に知らせたという。首里城内も見ることができるので、写真撮影にもぴったりの場所だ。


Q. 駐車場はあるの?
A.首里城公園地下に大駐車場があります。2時間以内、大型車¥940、小型車¥310。ほか、付近には民営パーキングが多数あります。

Q. 首里城への道は渋滞するの?
A.オンシーズン、首里城に至る龍潭通りでは渋滞することも。ただし、いくつかルートがあり、混雑時はそちらの利用をオススメします。

Q. モノレールで行けるの?
A.「ゆいレール」の首里駅、もしくは儀保駅から歩いていけます。10〜15分程度なので、散策がてら歩いてみるのもいいでしょう。

Q. ご飯を食べるところはあるの?
A.首里城公園内にレストランがあります。また、龍潭通り沿いにも、カフェや沖縄そば店、琉球料理の店などが散在しています。

Q. 首里城観光の所要時間は?
A.人それぞれですが、短い人で45分、長い人だと2時間程度かかるようです。ちなみに、地下駐車場の利用は2時間以内です。


ページのTOPに戻る

沖縄おすすめ特集 バックナンバーを読む


Copyright(c)Pam, Inc. All Rights Reserved.