宮古島の動植物

宮古島の動植物について

宮古島で見られる花

宮古島で見られる花

沖縄の花で代表的なハイビスカスやブーゲンビレアは宮古島では年中見ることができます。春には、デイゴやテッポウユリ、夏には月桃やプルメリア、冬にはヒカンザクラという品種の桜を見ることができます。

宮古島で見られる生き物

サシバ 秋頃になると飛来する鳥で、宮古島市の市鳥にもなっています。宮古島を経由して東南アジアなどで冬を越す。
宮古馬 宮古馬は日本在来種の馬で、昔は農耕などに活躍した馬となっている。
ミヤコカナヘビ ヘビという名前ですが、トカゲの姿をしています。宮古諸島の固有種で、捕獲例が少なく生態は不明な点が多い。
ミヤコヒキガエル 宮古島では一年中見ることができるカエルで、茶色で小型のカエルでサトウキビ畑などに潜んでいる。
オオゴマダラ 白と黒の模様が美しく、日本の蝶では最大級の大きさが特徴的です。宮古島市の市蝶として指定されています。